合説どっとこむ 2019

2020年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

Meets Company就活イベント

会社の数値は暗記でなく理解を

2015年03月21日21時38分

「当社の昨年の年商はご存知ですか?」

面接でこういった会社の数値に関する質問に答えられない就活生は多い。

会社に関する数値が就活生の頭にまるで入らない理由は数値を暗記しようとして理解をしようとしていないからだ。数値を理解するためには有効なのは比較をすることだ。3つの次の比較がある。

1.時系列比較(過去数年分のデータと比較する)
2.他社との比較
3.平均値(あるいはあるべき数値)との比較

複数の数値を比較して、増減の理由や多少の理由を考察、あるいは調べることで数値は理解へと変わってゆく。

面接はクイズではないので会社の数値を質問されてもピタリと当てる必要はないのだが、およそ10億なのか100億なのか1000億なのかもわかっていないのはさすがにひどい。だが実はほとんどの学生がそうだから面接官も大目に見ている場合が多い。だからそれ自体が不合格理由になるわけではない。

しかし問題はここからだ。年商すら言えなかった学生の方が「これはまずい、終わった」と思う。そしてテンションが下がったり顔面蒼白になるなどボロボロになり、そのことが不合格につながっていくのだ。

こんなことであこがれの企業の面接を失敗してはあまりにもったいない。ただ、単に面接対策だけでなく間違った企業選択をしないためにも会社の重要な数値は理解して挑んでほしい。




<< 優秀な人材は「自己成長」にこだ... | 記事一覧 | 会社説明会主催者の想い ~学生... >>

著者プロフィール

株式会社ちかなり代表取締役、合説どっとこむ編集長
兵頭 秀一(ひょうどう しゅういち)

兵頭 秀一 1965年大阪府生まれ。東京経済大学経営学部卒。
IT企業、小売業、サービス業など上場企業から中小企業まで4社で約15年間、採用業務を中心に人事業務全般に従事。最大規模では一年間に600人の大卒を採用する大企業で20人以上の採用担当を率いるプロジェクトマネジャーを務めた。日本全国で3000人以上の学生との面接経験がある。 2007年に合説どっとこむを開設、2008年に株式会社ちかなりを創業。
また東京経済大学体育会バドミントン部の総監督も務め、学生とは常に近い距離に身を置き続けている。

合説どっとこむ主催セミナー
受かる面接、落ちる面接