合説どっとこむ 2019

2020年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

doda新卒エージェント

トップページ > 合説どっとこむ編集長コラム「就職力は面接力」 > 一緒に働きたい!と思われる人になる

一緒に働きたい!と思われる人になる

2016年06月07日13時55分

一緒に働きたい!と思われる人になる

人が人を対話で評価する「面接」というものはどこまでもアナログな評価手法だ。

どれほど採用基準を突き詰めても、どれほど面接官トレーニングを積んでも客観性100%の科学的評価は不可能だ。人間である面接官の感情は面接における評価に少なからず影響を及ぼすのである。

面接官が単純に「この応募者と一緒に仕事したい」と思うか、は面接対策の考えにおいて非常に重要である。

さて、あなたは次の7つについていくつ「一緒に働きたい人」に該当するだろうか。

1. 人は誰でも「安心ベースの人」と一緒に働きたい。「不安ベースの人」とは働きたくない。
2. 人は誰でも「信頼ベースの人」と一緒に働きたい。「不信ベースの人」とは働きたくない。
3. 人は誰でも「リスクを取れる人」と一緒に働きたい。「リスクを取らない人」とは働きたくない。
4. 人は誰でも「志ある人」と一緒に働きたい。「志のない人」とは働きたくない。
5. 人は誰でも「利他的な人」と一緒に働きたい。「利己主義の人」とは働きたくない。
6. 人は誰でも「自己犠牲を払える人」と一緒に働きたい。「自己犠牲を払わない人」とは働きたくない。
7. 人は誰でも「ずるくない人」と働きたい。「ずるい人」とは働きたくない。

これらはいずれも能力の問題でも性格の問題でもない。生き方における価値観や心がけの問題だ。

人は性格はなかなか変えられない。しかし価値観は変えることができる。したがって心がけ次第で誰でも「一緒に働きたい!と思われる人」になれるのである。

<< 面接対策のヒントは選挙対策にあ... | 記事一覧 | 新卒面接対策の「森」と「木」 >>

著者プロフィール

株式会社ちかなり代表取締役、合説どっとこむ編集長
兵頭 秀一(ひょうどう しゅういち)

兵頭 秀一 1965年大阪府生まれ。東京経済大学経営学部卒。
IT企業、小売業、サービス業など上場企業から中小企業まで4社で約15年間、採用業務を中心に人事業務全般に従事。最大規模では一年間に600人の大卒を採用する大企業で20人以上の採用担当を率いるプロジェクトマネジャーを務めた。日本全国で3000人以上の学生との面接経験がある。 2007年に合説どっとこむを開設、2008年に株式会社ちかなりを創業。
また東京経済大学体育会バドミントン部の総監督も務め、学生とは常に近い距離に身を置き続けている。

合説どっとこむ主催セミナー
就活シェアハウス
就活シェアハウス
面接力養成就活講座
合格率100%!エントリーシート作成講座
安心度100%!履歴書写真無料撮影会
就活スーツ入門
面接入門
エントリーシート添削ツール
エントリーシート過去問データベース
合説どっとこむ過去イベント
合説どっとこむアプリ ios版 App Store
合説どっとこむアプリ Android版 Google Play
90分でわかる!自己分析