合説どっとこむ 2019

2020年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

就活力診断

トップページ > 就活のプロに聞いてみよう! > 体育会系が就活で気をつける気をつけるべきこと

就活のプロに聞いてみよう!

みなさまから多く寄せられる質問にプロの就活コンサルタント、就活アドバイザーがお答えします!

体育会系が就活で気をつける気をつけるべきこと

2017年11月06日10時00分

こんにちは。
多くの体育会系の学生さんと面談してきましたが、特にやってはいけないことは3つあります。
体育会系がやってはいけないこと三か条____________
一、 大会に打ち込みすぎて就活を全くしないこと。(目先のことばかりで、将来のことをまったく考えていない。オフの日をうまく有効活用)
二、 自分を過大評価してしまうこと。(スポーツでは優秀かもしれないが、社会に出たらただの人間です)
三、 身だしなみを整えずだらしないままにすること。(普段練習の日々が続き、ワックスや化粧をしない習慣がついているが、一番重要なことが身なりであること)

ある学生さんは4年生の9月から就活を始めました。
この三か条を気にかけた結果、たった一ヶ月程度で大手人材企業に内定をいただけることができました。
〝JUST DO IT〟 〝決めるのはいつも自分だ〟

優秀なのに、就活をする時期が遅く、大手に受かる人材がゴロゴロいるのに、大手企業も採用ができない「層」
そう。それが「体育会系です」

体育会が重宝される理由として、忍耐力・継続力・協調性=やめない。
現代の日本は長時間労働・休日出勤は当たり前です。そんなキツイ中でも耐えうることができるのはスポーツを通して、幾度となく経験したからこそです。
これが重宝されてる理由のひとつです。

体育会系の学生にコレだけは伝えたいです。あなたたちは優秀です。「何をするかではなく、誰とするのか」にフォーカスをし、就活をしてけば、必ずうまくいきます。必ず良い企業に出会えるはずです。

Meets Company 就活アドバイザー
川久保光平


鹿児島県鹿児島市出身。中央大学経済学部経済学科卒。 大学時代はタイ、カンボジアに30日も長期滞在をするなど旅行好き。 … >> 続きを見る

その他の質問を見る