面接力全国統一模試
面接力全国統一模試

合説どっとこむ 2020

2019年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

しくじらないための就活

決めた!覚悟した!やるしかねぇ!

2018年08月15日16時13分

決めた!覚悟した!やるしかねぇ!

8月。最終学年の方は複数の内定先を抱えていたり、内定承諾はしたものの本当にその会社でいいのか、と悩んだりする時期。

どこに就職するかによって人生が大きく変わることも事実。なので「より慎重に」という気持ちもわかります。しかしその背後に不安と不信が渦巻いていては間違いなく良い結果を生みません。

結局のところ就職先の決定は「縁を大切にし、自分を認めてくれたことに感謝をし、決断をする」に尽きます。「よし!ここの会社に覚悟を決めた。頑張るしかねぇ!」と。

就職先を決めた時の気持ちはこうあるべきです。それは私自身、経営者という立場から社員となる人に求めるものでもあります。そう思う人でなければ戦力にはならないのです。それは私の会社に限ったことではないはずです。

あなたという人材の未来の活躍は企業にとっても保証されたものではありません。そんなあなたに内定を出すということは企業側も大きなリスクを取って覚悟して決断しているのです。そういう状況の中で「もっと青い芝生がどこかにあるんじゃなかろうか」という気持ちが心の片隅にある社員は経営側にとっても最悪ですよね。

社員採用は無期長期契約です。遠い将来のことなど神でもわかりません。安全保障の就職というものは存在しません。そこに飛び込んでいく際にはリスクを取ることと覚悟することは不可欠。その最も有効な原動力は結局のところ「縁と感謝」なのです。

************
合説どっとこむ編集長コラムの内容が本になりました。
「受かる面接、落ちる面接 人事経験者だけが知る採用と不採用の境界線」(2017年12月16日 あさ出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/486667024X

記事一覧 | エントリーシートに殺されている... >>

著者プロフィール

株式会社ちかなり代表取締役、合説どっとこむ編集長
兵頭 秀一(ひょうどう しゅういち)

兵頭 秀一 1965年大阪府生まれ。東京経済大学経営学部卒。
IT企業、小売業、サービス業など上場企業から中小企業まで4社で約15年間、採用業務を中心に人事業務全般に従事。最大規模では一年間に600人の大卒を採用する大企業で20人以上の採用担当を率いるプロジェクトマネジャーを務めた。日本全国で3000人以上の学生との面接経験がある。 2007年に合説どっとこむを開設、2008年に株式会社ちかなりを創業。
また東京経済大学体育会バドミントン部の総監督も務め、学生とは常に近い距離に身を置き続けている。

合説どっとこむ主催セミナー
しくじらないための就活