合説どっとこむ 2020

2021年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

キャリタス就活フォーラム

トップページ > しくじらないための就活 > 昨年度の本選考から増えている面接でよく振られる質問

昨年度の本選考から増えている面接でよく振られる質問

2019年01月22日08時30分

昨年度の本選考から増えている面接でよく振られる質問

先日、インターンシップ選考の面接官をしてきました。

100名くらいの就活生を面接してきましたよ。

こういった感じで私は、学生に対して就職活動の支援をしているのと同時に、企業に対して採用活動の支援も行っています。

よって、多くの企業の新卒採用における戦略や戦術を現場で知ることができるのです。

昨年度(2019年卒)の本選考から、この質問をする企業が格段に増えました。

先日のインターンシップ選考での面接においても「この質問をしてください」と企業の方から言われました。

その質問とは何か?

「先週の日曜日、何をしていましたか?」

私が就職活動をしていた十数年前の当時は「休みの日は何をしていますか?」という質問は多くありました。

しかし現在は、「先週の日曜日」と日付を指定して訊いてきます。

これにはどのような狙いがあるのでしょうか?

2つのパターンあります。

ひとつめ、これが多数派。

企業は日曜日のような休日でも、仕事のことを忘れないでいて欲しい、と考えています。

月曜日の午前中の生産性の低さといったら、もうシャレにならない、と企業の方は考えています。

よって、月曜日の午前中においても高い生産性を維持するために、日曜日のような休日は、自己研鑽の時間に充てて欲しい、と企業の方は考えているのです。

仕事に関する本を読みまくるとか、グロービスのような社外のセミナーに行ってみるとか、美術展に行って美意識を磨くとか、といったことです。

こういったことが学生のうちからできているのか、ということを確かめるために企業の方は、就活生であるあなたに質問をしてくるのです。

ここで「寝ていました」と答えてしまったら、即刻落ちますね。

この「寝ていました」は意外に多いため、企業の方はバッサリと落とすことができる、ということです。

ふたつめ、これは少数派。

これは、ひとつめのモノとは全く逆の内容です。

従業員が過労で倒れてしまうのは、企業にとって最も不幸なことです。

これを避けたい。

よって、休日である日曜日は全力で休んで、平日の疲れから回復させる行動を意図的に執って欲しいのです。

こういった意識を学生のうちから持っているのか、ということを確かめるために質問してくるのです。

疲労回復の専門書を読むとわかるのですが、ここでも「寝ていました」は即刻落ちます。

実はひたすら寝ているだけでは実は、疲労は完全に回復しないのですね。

詳細を述べませんが、どうしても知りたければ、専門書を読んでみてください。

ふたつ説明しましたが、あなたが受験しようとしている会社は、どちらのパターンなのでしょうか?

これをしっかり見極めることが大事です。

ひとつめのパターンの会社は、とにかくひたすら働かせる会社だということがわかります。

ふたつめのパターンの会社は、ワークライフバランスがしっかりしているのですが、勤務時間中の生産性を問われる厳しい会社だということがわかります。

どちらのパターンにせよ、「寝ていました」という回答は避けましょう。

それでは何と答えるのが、最適なのか?

ふたつのパターン、どちらとも企業の方を納得させられる回答は、「趣味に没頭していた」という回答です。


<< 企業が求める「コミュニケーショ... | 記事一覧 | 箱根駅伝で三井住友カードのCM... >>

著者プロフィール

就職活動コンサルタント
高田 晃一(たかだ こういち)

高田 晃一 就職活動コンサルタント。
1977年東京都生まれ。東京理科大学大学院修了。
大学院新卒の就職活動において、188社落ち、内定ゼロの状態に。しかし、独自の戦術を考案し、実行したところ、立て続けに上場企業10社から内定を得る。東証一部上場の電機メーカーに研究職として入社後、OB訪問を通じて、多くの学生からの相談を受ける。

それら相談を受けた学生は全員、卒業までに内定を獲得。
これらの経験より、就職活動コンサルタントとして独立。
現在、主に新卒の就活生を対象に就職活動のセミナー、講演、コンサルティング活動を積極的に展開。これまで22,000人以上の内定獲得を支援。特に20社以上落ちた1100人以上の学生を内定に導くなど、多くの就活生から絶大な信頼を得ている。

<著書>
188社落ちても内定とれた!大逆転の就活攻略法(同文舘出版)
2万2000人超を導いた就活コンサルタントが教える これだけ!内定(あさ出版)
<メディア掲載・出演実績>
TBS「NEWSな2人」、NHK「ニュース9」、TBS「有田とマツコと男と女」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、テレビ朝日「OLクラブ」、BS朝日「バック・トゥ・ザ・21世紀」、朝日新聞、日刊工業新聞、高知新聞 他多数

<主な内定獲得実績>
大塚製薬株式会社、第一三共株式会社、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社、国際石油開発帝石株式会社、東京ガス株式会社、NTT東日本、日本銀行、株式会社日本政策金融公庫、株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社三井住友銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社りそなホールディングス、株式会社千葉銀行、株式会社八十二銀行、株式会社横浜銀行、三井住友信託銀行株式会社、株式会社三菱東京UFJ信託銀行、城北信用金庫、SMBC日興証券株式会社、大和証券株式会社、野村證券株式会社、住友生命保険相互会社、第一生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、東京海上日動火災保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、株式会社野村総合研究所、株式会社三菱総合研究所、鹿島建設株式会社、大成建設株式会社、三井不動産株式会社、森ビル株式会社、全日本空輸株式会社、日本航空株式会社、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)、小田急電鉄株式会社、株式会社東京地下鉄、東武鉄道株式会社、株式会社ジェイティービー、株式会社阪急交通社、株式会社商船三井、アクセンチュア株式会社、株式会社NTTデータ、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社オリエンタルランド、株式会社東京ドーム、株式会社ミリアルリゾートホテルズ、オリックス株式会社、株式会社ベネッセコーポレーション、株式会社セブンイレブンジャパン、株式会社高島屋、ハーゲンダッツジャパン株式会社、伊藤忠商事株式会社、丸紅株式会社、三菱商事株式会社、JFE商事株式会社、株式会社メタルワン、国分株式会社、三菱食品株式会社、株式会社トーハン、日本出版販売株式会社、アサヒビール株式会社、キリン株式会社、サッポロビール株式会社、サントリーホールディングス株式会社、森永乳業株式会社、株式会社ヤクルト本社、カゴメ株式会社、日本たばこ産業株式会社、カルビー株式会社、株式会社ブルボン、株式会社明治、森永製菓株式会社、株式会社ロッテ、新日鐵住金株式会社、株式会社IHI、富士重工業株式会社、三菱重工業株式会社、ソニー株式会社、株式会社東芝、日本電気株式会社、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社、キヤノン株式会社、株式会社ニコン、旭化成株式会社、株式会社ADEKA、花王株式会社、株式会社クラレ、株式会社クレハ、JSR株式会社、住友化学株式会社、積水化学工業株式会社、富士フイルム株式会社、株式会社カネボウ化粧品、株式会社コーセー、株式会社資生堂、株式会社ポーラ、日本ロレアル株式会社、高砂香料工業株式会社、長谷川香料株式会社、曽田香料株式会社、帝人株式会社、東レ株式会社、三菱レイヨン株式会社、大日本印刷株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社、ユニ・チャーム株式会社、旭硝子株式会社、株式会社ブリヂストン、コクヨ株式会社、オルガノ株式会社、TOTO株式会社、YKKAP株式会社、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社、ヤマハ株式会社、株式会社デンソー、宇宙航空研究開発機構、全国共済農業協同組合連合会、全国農業協同組合連合会、国際協力機構、日本音楽著作権協会、株式会社サカタのタネ、住友林業株式会社、株式会社TBSテレビ、株式会社テレビ朝日、日本放送協会、株式会社WOWOW、株式会社ジュピターテレコム、株式会社読売新聞、株式会社アサツーディ・ケイ、株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社博報堂、株式会社読売広告社、株式会社リクルートホールディングス、株式会社講談社、株式会社集英社、株式会社小学館、株式会社新潮社、株式会社白泉社、株式会社小学館集英社プロダクション、松竹株式会社、東映株式会社、東宝株式会社、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、株式会社ポニーキャニオン、株式会社アミューズ   他多数

合説どっとこむ主催セミナー
面接力養成就活講座
就活シェアハウス
合格率100%!エントリーシート作成講座
安心度100%!履歴書写真無料撮影会
面接力養成就活講座
就活スーツ入門
面接入門
エントリーシート添削ツール
エントリーシート過去問データベース
合説どっとこむ過去イベント
合説どっとこむアプリ ios版 App Store
合説どっとこむアプリ Android版 Google Play
90分でわかる!企業研究