合説どっとこむ 2020

2019年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

合説どっとこむの就活対策シリーズ

トップページ > 就活のプロに聞いてみよう! > 第一志望の会社に選考落ちしてしまい、もう就活したくありません

就活のプロに聞いてみよう!

みなさまから多く寄せられる質問にプロの就活コンサルタント、就活アドバイザーがお答えします!

第一志望の会社に選考落ちしてしまい、もう就活したくありません

2018年05月07日10時00分

第一志望の会社に落ちてしまい納得がいかず、就職活動へのモチベーションが上がらない気持ちは理解できますし心中お察しいたします。
特に、就職活動の場合「優秀な人」というよりは「その会社に合った人」が好まれる傾向があるため、これまで学業で優れた成績を収めていた方は尚更納得がいかない事でしょう。

まず、それほど思い入れの強い会社がある時点で十分素晴らしいので、まずその点安心してください。
次に、なぜその会社が第一志望であったのか思い返してみましょう。
興味のある業界でナンバー1だったから?ではなぜその業界に興味を持ったのでしょうか。その会社はあなたが勤務する間ずっと、業界ナンバー1であり続けるのでしょうか。
魅力的な社員がいたから?では他の会社には魅力的な社員はいないのですか。たまたま少し興味があって見た会社の、たまたまOB訪問や座談会で出会った社員さんたった一人が魅力的であっただけではないですか。他社にもあなたが知らないだけで、魅力的な社員はいるはずです。

それでも、どうしても第一志望の会社以外考えられないという場合、将来的に中途入社を考えてみてはどうでしょうか。
その会社で必要とされるスキルを他社で必死に磨き、新卒採用時に落としたことを後悔させる位になりましょう。
新卒で入社する会社が不本意であったとしても、将来的に元々の第一志望に道が繋がっていると考えれば就職活動へのやる気も高まるのではないかと思います。

Meets Company 就活アドバイザー
中島慈仁


山口県美祢市出身。早稲田大学法学部卒。 高校時代は山口県内でも有数の進学校に入学。学生時代からテニスを始める。 大学… >> 続きを見る

その他の質問を見る