薬剤師転職サイトおすすめ10社を徹底比較!転職に失敗しないコツや手順を紹介

「薬剤師に転職したいけど、どの転職サイトを使えばいいんだろう?」と思ったことはありませんか?

転職活動を始めたいけれど「自分にあった転職サイトを見つけたい」「サポートを受けながら転職活動をしたい」と考えている人は多いですよね。

薬剤師が転職サイトを選ぶ際は、「求人数・希望に合う求人があるか・サポート体制が整っているか」をチェックしましょう。

この記事では、薬剤師転職サイトのおすすめ10社の比較をしていきます。

  • 薬剤師におすすめの転職サイト
  • 目的別、雇用形態別、転職先別でおすすめの転職サイト
  • 薬剤師が転職で失敗しない具体的な方法や転職サイトの選び方

薬剤師として転職を考えている人や転職活動を失敗した良くない人は、ぜひこの記事を参考にして自分に合った転職サイトを見つけてください。

サイト名 mainabiyakuzaisi yakukyariagent rikunabiyakuzaishirogo farumastaff
公開求人数 56,000件以上 31,000件以上 16,000件以上 41,000件以上
おすすめポイント 全国各地の求人が揃っている
エージェントによる丁寧なサポートを受けることができる
正社員の求人が多い
医療機関の求人が豊富
薬剤師専任のエージェントがサポート
製薬会社の求人が多い
非公開求人が豊富
対応地域 全国 全国 全国 全国
運営会社 株式会社マイナビ エムスリーキャリア株式会社 株式会社リクルートメディカルキャリア 株式会社メディカルリソース
詳細 ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら
目次

薬剤師転職サイトのおすすめ10社を比較

薬剤師転職サイトのおすすめ10社を紹介していきます。

紹介する転職サイトの特徴を以下にまとめました。

サイト名 マイナビ薬剤師 薬キャリエージェント リクナビ薬剤師 ファルマスタッフ ファーマキャリア ヤクジョブ アプロドットコム ファゲット 薬剤師ワーカー ファルメイト
公開求人数 56,000件以上 31,000件以上 16,000件以上 41,000件以上 11,000件以上 61,000件以上 22,000件以上 39,000件以上 22,000件以上 17,000件以上
豊富な求人の種類 正社員の求人
ドラッグストアの求人
正社員の求人
病院の求人
製薬会社の求人
パートの求人
派遣社員の求人
調剤薬局の求人
正社員の求人
パートの求人
調剤薬局の求人
派遣社員の求人
派遣社員の求人 高収入の求人 シニア向けの求人 単発派遣の求人
特徴(サポート体制) 面接の日程調整や給与金額の交渉も代行 医療業界専門のノウハウを生かしてサポート 薬剤師専任のエージェントがサポート グループ会社の教育ノウハウを導入していて研修制度も充実 オーダーメイド求人で状況や希望に合わせられる 医療業界に特化しているためより質の高い提案が可能 薬剤師専門の転職サポートをしている 働いていた方の就業感想等のリアルな情報も提供 エージェントが求職者・職場両方の希望を把握してくれる 様々なニーズに合わせて対応しており単発派遣での転職もサポート
おすすめな方 希望に合った職場を見つけたい方 病院で働きたい方 一般企業(製薬会社)で働きたい方 たくさんの非公開求人を見てみたい方 転職のサポートをしっかりしてもらいたい方 じっくり転職活動をしたい方 派遣社員として働きたい方 収入アップさせたい方 60代以上で転職したい方 派遣でサクッと転職したい方
詳細 ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら ▼詳細はこちら

業種や職種を問わず求人情報を載せている大手転職サイトもあれば、薬剤師専門の求人サイトもあります。

それぞれの転職サイトの特徴を解説していくので、自分に合っている転職サイトを見つけてください。

マイナビ薬剤師なら希望に合った職場を見つけられる

  • 転職に特化している
  • 全国各地の求人がそろっている
  • 収入アップが狙える

マイナビ薬剤師なら、自分の希望に合った職場を見つけることができます。

薬剤師転職に特化した求人サイトで、新卒や第二新卒のための求人がないため、転職を考えている方が希望に合った職場を見つけやすいです。

また全国からの求人がたくさんあり、地方でも業種や職種を問わず検索できます。

転職を希望する方の傾向として、以前働いていた会社より高い収入を希望する方が多いため、高収入の企業が多く掲載されていることが特徴です。

薬剤師としてのキャリアップを目指している方は、マイナビ薬剤師を利用することをおすすめします。

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 56,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 面接対策
入社後サポート
公式サイトで登録する(無料)

薬キャリエージェントは正社員の求人が豊富

  • 正社員の求人が多い
  • 20代30代にもおすすめ
  • サポートが手厚い

「薬キャリエージェント」には、正社員の求人が豊富な転職サイトです。

医療情報専門サイトを運営しているエムスリー株式会社が運営しているため、薬剤師からの信頼されています。

薬剤師や病院などの求人が多く掲載されているので、自分のキャリアに合わせて求人を選ぶことが可能です。

また薬剤師転職に特化したエージェントが転職活動を手厚くサポートしてくれるので、初めてで不安という方でも安心して転職活動を行うことができます。

全国に31000件以上の充実した求人を取り揃えているため、薬剤師転職を考えているすべての人におすすめできる転職サイトです。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社
求人数 31,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 非公開求人紹介
日程調整
公式サイトで登録する(無料)

リクナビ薬剤師は薬剤師専任のエージェントがサポートしてくれる

  • 薬剤師専任のエージェントがサポート
  • リクルートグループに所属
  • 一般企業(製薬会社)の求人が豊富

薬剤師専任のエージェントによるサポートがあるのはリクナビ薬剤師です。

薬剤師として転職したい人は、薬剤師専任エージェントによるサポートで安心して転職活動を行うことができます。

リクルートグループが展開している転職サイトなので、薬剤師が活躍することができる一般企業の求人が豊富です。

また、非公開求人を多く取り扱っており、知名度の高い大手企業の求人やハイキャリア求人も多いです。

リクルートグループが培った、転職活動の知識やノウハウで転職後のサポートまでしっかり行ってくれます。

企業に転職を考えている人には、リクナビ薬剤師がおすすめです。

運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
求人数 16,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 薬剤師専任エージェントによるサポート
求職者の代わりに情報収集
公式サイトで登録する(無料)

ファルマスタッフは求非公開求人も多く紹介している

  • 非公開求人が豊富
  • 一発採用も目指せる
  • 派遣の求人が多い

ファルマスタッフは非公開求人を多く取り扱っている転職サイトです。

求人票によって公開される範囲は限定的ですが、ファルマスタッフなら求人票に記載されていない非公開求人も多く紹介してくれています。

また、正社員の求人だけではなく派遣やパート・アルバイトとして働きたい薬剤合わせた求人も豊富です。

地方の求人も多く、求人票からはわからない実際の職場の雰囲気や働き方の企業などの裏側の情報を収集し提供してくれます。

20年以上の実績で得た知識やノウハウを取り入れた、教育制度も充実しているため、はじめて転職をする人やブランクがある人でも安心です。

転職をするか悩んでいる人や派遣やパートで働きたいと思っている人には、ファルマスタッフをおすすめします。

運営会社 株式会社メディカルリソース
求人数 41,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 薬剤師教育制
対面での個別相談
公式サイトで登録する(無料)

ファーマキャリアはエージェントの質が良い

  • 質の高いコンサルティング
  • オーダーメイド求人を利用できる
  • パートの求人も取り扱いがある

ファーマキャリアでは、質の高い転職エージェントと一緒に転職先を見つけることができる転職サイトです。

求職者一人一人に合わせたオーダーメイド型の転職サービスで、専任の転職エージェントが最も適している求人を紹介してくれます。

転職エージェントとは、転職を考えている人と採用を考えている企業との間に立って、仲介役を担ってくれる人のことです。

エージェントによる丁寧なサポートで、企業とのミスマッチを防ぐことができ安心して働くことができる職場を選ぶことができます。

また書類添削や面接対策のサポートも充実していて、忙しい人でも効率的に転職活動をすることが可能です。

効率よく転職活動を進めたい方は、質の良いエージェントがいるファーマキャリアがおすすめです。

運営会社 エニーキャリア株式会社
求人数 11,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 希望条件に合わせた求人紹介
面接対策
公式サイトで登録する(無料)

ヤクジョブは提案力のあるエージェントが専任

  • 提案力のあるエージェントがいる
  • 医療業界に特化
  • 調剤薬局の求人が豊富

ヤクジョブには、提案力の高いエージェントがいる転職サイトです。

優秀なエージェントがいるヤクジョブでは、転職希望者の要望を的確に聞き入れてくれます。

求職者の希望を聞いた上で、具体的にどのような企業が向いているのか提案することが可能です。

提案力に優れているエージェントのため、まだ転職の希望条件がはっきりと決まっていない場合に利用することをおすすめします。

求人数は61,000件以上の掲載があり、非公開求人の取り扱いも多いです。

また正社員からアルバイトまで、すべての雇用形態を探すことができるの、自分にあった転職活動を行うことができます。

エージェントによるサポートで相談しながらじっくりと転職活動を行いたい人には、ヤクジョブがおすすめです。

運営会社 クラシス株式会社
求人数 61,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 適正給与の算出
ライフスタイルに合わせた求人紹介
公式サイトで登録する(無料)

アプロドットコムは取扱いの少ない派遣求人も扱っている

  • 派遣求人の取り扱いが多い
  • 薬剤師専門の転職サポートがある
  • 転職に役立つ資料をプレゼント

アプロドットコムでは、派遣求人の取り扱いが豊富な転職サイトです。

派遣社員よりは正社員を希望する方が多いことから、派遣求人の数は他の転職サイトでは少ない傾向にあります。

アプロドットコムはあえて取り扱いの少ない派遣求人を集めることで、多様なライフスタイルに合わせることが可能です。

調剤薬局とドラックストアの求人が多く、好条件で高給与の求人も多く揃っています。

また書類選考や面接対策が記載されたマニュアルを利用することができるため、薬剤師転職が初めての人も安心です。

個人のライフイベントに合わせて派遣社員として働きたい方は、アプロドットコムの利用をおすすめします。

運営会社 株式会社アプロ・ドットコム
求人数 22,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 未経験でも転職活動を行うことができる
履歴書添削
公式サイトで登録する(無料)

ファゲットは高収入求人を見つけることができる

  • 高収入求人への応募が可能
  • 現場の声などの情報も提供
  • 20年以上運営している

ファゲットは高収入求人を考えている人におすすめの転職サイトです。

20年以上の転職サイトとしての運営経験があり、多くの実績と信頼があります。

調剤薬局の求人や病院薬剤師の求人が豊富で、今より高収入の仕事を見つけることができます。

検索条件によって職種やお給料を絞り込むことはできるサイトは多いですが、高収入かつ薬剤師の求人に最初から特化している転職サイトなら、より多くの希望する求人が見つけることが可能です。

また実際に企業や施設で働いていた人たちの口コミや評価も掲載されていて、安心して転職活動を行うことができます。

エージェントにサポートを受けずに直接応募することもできるので、薬剤師の転職経験者にもおすすめのサイトです。

運営会社 株式会社カスタマ
求人数 39,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 希望勤務先の情報収集
レスポンスが早い
公式サイトで登録する(無料)

薬剤師ワーカーはシニア世代にもおすすめのサイト

  • シニア世代の求人も取り扱いがある
  • 納得のいく条件を提案
  • 地方の求人が充実

薬剤師ワーカーは、シニア世代にもおすすめできる転職サイトです。

薬剤師ワーカーによる独自のネットワークを活かした求人が豊富なため、40代から60代の転職を考えている人におすすめします。

未経験でも応募することができる求人も多く、他のサイトでは見つけることができなかった求人に出会うことが可能です。

また薬剤師ワーカーを運営している株式会社トライトキャリアは、医師や看護師などの人材紹介サービスも提供しているため病院求人が多いです。

サポートも充実していて、専任のエージェントによるサポートで、ミスマッチのない納得いく転職を実現することができます。

40代から60代の人や未経験でも薬剤師に挑戦してみたいという人は、薬剤師ワーカーを利用しましょう。

運営会社 株式会社トライトキャリア
求人数 22,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 内定までエージェントが変わらない
ミスマッチのないサポート
公式サイトで登録する(無料)

ファルメイトは希少な単発派遣も取り扱っている

  • 単発派遣の求人が豊富
  • 高時給の求人も充実
  • 派遣薬剤師のリアルな声を掲載

ファルメイトは希少な単発派遣も取り扱っている転職サイトです。

高時給案件を多く掲載していて、特に首都圏エリアや関西圏の転職や派遣求人が充実しています。

単発派遣は、一時だけ働きたいという要望に応えてくれるの働き方です。

多くの転職サイトは単発派遣求人への応募者は少ないため、単発派遣を取り扱っていない場合があります。

しかしファルメイトはあえてそのような単発派遣求人を扱い、忙しくなる前の一時的な間だけ人材を募集している企業へも声かけをしています。

病気などで退職したけれど転職への一歩を踏み出せない場合や、産休に入るわずかな間だけ働きたい場合などにおすすめです。

薬剤師の資格は持っているから薬剤師として働きたいけれど、短期間だけ働きたいという方は「ファルメイト」を利用しましょう。

運営会社 株式会社ファル・メイト
求人数 17,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 高収入の求人紹介
納得できるまでサポートしてくれる
公式サイトで登録する(無料)

目的別|おすすめ薬剤師転職サイト2社

薬剤師転職サイトはたくさんありますが、目的別で選ぶならどこが良いのでしょうか。

今回は初めて転職する場合と、年収をアップさせたい場合の2つの目的別におすすめの薬剤師転職サイトを紹介します。

目的別に転職サイトを選ぶポイントを以下にまとめました。

目的 転職サイトを選ぶポイント
初めての転職で不安な場合 正社員求人数の多さ
エージェントのサポート
年収をアップさせたい場合 高収入求人数の多さ
急募場を受け取ることができるか

目的によってサイトを選ぶポイントが変わってくるため、自分の目的と合っているサイトはどのサイトなのかをしっかり確認しながらサイトに登録しましょう。

初めて転職活動を行う人や、年収をアップさせたいと考えている人は是非参考にしてください。

薬キャリエージェントは初めての転職で不安な人におすすめ

  • 正社員の求人が多い
  • 専任のエージェントが内定までサポートしてくれる

薬剤師として働きたいことは決まっているけれど、転職は初めてで不安が大きいという方には、薬キャリエージェントがおすすめです。

薬キャリエージェントには正社員の求人がたくさんあるため、転職後の安定した生活を希望する人に最適です。

初めて転職する場合は正社員として再スタートを切れる求人を多く取り扱っている転職サイトを利用する必要があります。

薬キャリエージェントなら登録から内定まで専任のエージェントが履歴書やエントリーシートの添削のサポートしてくれます。

添削後エージェント側から応募を代行してくれるため、手間がかからないところも薬キャリエージェントの魅力です。

正社員の求人数の多さやサポートの手厚さから見ても、初めて転職する方は、薬キャリエージェントに登録することをおすすめします。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社
求人数 31,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 非公開求人紹介
日程調整

ファゲットは前職よりも年収をアップさせたい人におすすめ

  • 高収入求人が豊富
  • 急募情報を受け取ることができる

とにかく年収アップを狙いたいのであればファゲットがおすすめです。

高収入求人が豊富にあるため、他の転職サイトより満足できる求人を簡単に見つけることができます。

求人サイトを見る時には、初任給だけでなく、それ以降にもらえるお給料やボーナスも考慮しておきましょう。

急な退職や新店舗のスタッフの急募は年収が高く設定されていることが多いです。

ファゲットは高年収の急募情報をいち早く受け取ることができます。

急募は非掲載の場合が多いため、急募のお知らせを受け取れることができると年収の高い求人とも出会いやすくなります。

年収が高い求人を探す時の注意点としては、どうしてお給料が良いのかを考えなければいけません。

例えば、お給料は良いけれどその分休みが少なかったり、仕事内容がハードだったりする場合があるからです。

年収をアップさせたいと考えている人は、ファゲットに登録して転職活動を進めることをおすすめします。

運営会社 株式会社カスタマ
求人数 39,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 希望勤務先の情報収集
レスポンスが早い

雇用形態別|おすすめ薬剤師転職サイト3社

雇用形態別で転職サイトを選ぶならどこが良いかを紹介していきます。

正社員・派遣社員・パート・アルバイト別に転職サイトを選ぶポイントを以下にまとめました。

雇用形態 転職サイトを選ぶポイント
正社員 正社員求人が豊富さ
内定までのサポートの手厚さ
派遣社員 派遣求人数の多さ
求人の質の高さ
パート・アルバイト パート求人の多さ
サイトの規模が大きいか

正社員として働きたいのか、派遣社員を希望しているのか、あるいはパート・アルバイトが良いのかで選ぶ転職サイトは変わります。

転職サイトによって得意としている雇用形態があるので、自分にあった転職サイトを選ぶ際に参考にしてください。

正社員希望者は薬キャリエージェントがおすすめ

  • 正社員の求人が豊富
  • エージェントが面接の日程調整や条件交渉を行ってくれる

薬キャリエージェントは正社員の求人が豊富な転職サイトです。

正社員求人は競争率が高いため、サポートが手厚い転職サイトの利用が必要です。

薬キャリエージェントはサポートが手厚く、転職活動完了までもスピーディーに行ってくれます。

面接の日程調整や条件交渉までもエージェントが代行してくれるため、安心して転職活動を行うことが可能です。

正社員としての勤務を希望するなら、薬キャリエージェントで希望条件に合う求人を探してみましょう。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社
求人数 31,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 非公開求人紹介
日程調整

派遣希望者はファルマスタッフがおすすめ

  • 好条件の派遣求人が豊富
  • 医療業界に特化した人材派遣を行っている

ファルマスタッフは派遣の求人が多く掲載されている転職サイトです。

派遣の求人数が多いだけではなく、医療業界に特化した人材派遣を行っています。

エージェントが企業を訪問した上で求人を紹介してくれるため、自分に合った職場を見つけることが可能です。

医療業界に特化している上に、企業を訪問してしっかり見定めるので求人の質が高いことが特徴で方網を
派遣社員として働きたいと考えている人は、ファルマスタッフを利用してみてください。

運営会社 株式会社メディカルリソース
求人数 41,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 薬剤師教育制
対面での個別相談

パート・アルバイト希望者はマイナビ薬剤師がおすすめ

  • 幅広い職場の求人が揃っている
  • 求人数が多いため、希望条件にあった職場を見つけることができる

マイナビ薬剤師はパートやアルバイトの求人数が豊富な転職サイトです。

サイトの規模も大きく、幅広い職場の求人を取り揃えているため、希望の勤務条件で絞って求人を見つけることができます。

全国の求人を取り扱っているため、引っ越し先での転職のサポートも安心して任せることが可能です。

また高時給の求人も多く、幅広い職場の求人を掲載しています。

エージェントが事前に希望する職場の訪問をしてくれるので、職場の裏側まで情報を知ることができます。

自分のライフスタイルに合うものがあれば、仕事と家事の両立が可能です。

パート・アルバイトとして働きたいと考えている人はマイナビ薬剤師を利用しましょう。

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 56,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 面接対策
入社後サポート

転職先別|おすすめ薬剤師転職サイト4社

薬剤師になる場合、どこで働くかも大きなポイントになってきます。

転職先別に転職サイトを選ぶポイントを以下にまとめました。

転職先 転職サイトを選ぶポイント
ドラックストア 地方で絞り込むことができるか
病院 医療機関に特化しているか
調剤薬局 医療機関のパイプが強いか
製薬会社 エージェントの質は高いか

ドラッグストアや病院、調剤薬局、製薬会社など薬剤師の働き口は多いので、まずはどこで働きたいかを決めてから転職サイトを絞るのも良いでしょう。

ドラックストアで働きたい人にはマイナビ薬剤師がおすすめ

  • 幅広い地域の求人が掲載されている
  • エージェントによる丁寧なサポートを受けることができる

マイナビ薬剤師はドラックストアの求人が豊富な転職サイトです。

大手ドラッグストアから地域密着型のドラッグストアまで幅広い求人を取り扱っています。

自分の住んでいる地域のドラッグストアで薬剤師を募集していないかを調べることも可能です。

ドラックストアでの勤務は、店長からエリアマネージャーなどの管理職への昇格もすることができます。
そのため、キャリアアップをしたいと考えている人にもおすすめです。

マイナビ薬剤師では、質の高いエージェントが求人紹介から面接対策まで丁寧なサポートをしてくれます。

ドラックストアで働きたいと考えている人は、マイナビ薬剤師を利用して転職活動を始めましょう。

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 56,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 面接対策
入社後サポート

病院で働きたい人には薬キャリエージェントがおすすめ

  • 医療機関との強いパイプがある
  • 幅広い種類の医療機関の求人がある

薬キャリエージェントは病院の求人が多い転職サイトです。

医療情報サイトを展開しているエムスリーキャリア株式会社が運営しているため、医療機関との強いパイプがあります。

そのため、小さなクリニックから大きな総合病院まで豊富に取り扱っていて、自分の希望に合った病院を探すことができます。

医療業界に特化しているエージェントが希望条件の交渉などのサポートしてくれるため、安心して転職活動を進めることが可能です。

医療の情報や知識が豊富なエージェントだからこそ細やかな提案もしてもらえるので、病院内で働くことを考えている人は薬キャリエージェントがおすすめです。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社
求人数 31,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 非公開求人紹介
日程調整

調剤薬局で働きたい人にはファルマスタッフがおすすめ

  • 地方の調剤薬局の求人が多い
  • 教育・研修制度が充実している

ファルマスタッフは調剤薬局の求人を多く取り扱っている転職サイトです。

調剤薬局は地方求人も多く、地方に転職したいと考えている薬剤師におすすめの転職先になります。

日本調剤グループの株式会社メディカルリソースがファルマスタッフを運営しているため、安心して利用することができます。

ファルマスタッフはこれまでの実績やノウハウを生かした教育や研修制度が充実しているため、薬剤師としてスキルアップをしたい方におすすめです。

薬剤師として調剤薬局で働きたいと考えている人は、ファルマスタッフを利用して自分にあった職場を見つけてください。

運営会社 株式会社メディカルリソース
求人数 41,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 薬剤師教育制
対面での個別相談

製薬会社で働きたい人にはリクナビ薬剤師がおすすめ

  • 製薬会社からの求人が多い
  • 一般企業との信頼が厚く、転職に有利

リクナビ薬剤師は、一般企業(製薬会社)の求人が豊富な転職サイトです。

製薬会社からの求人を多く取り扱っているので、正社員として働くことができます。

リクルートグループの株式会社リクルートメディカルキャリアが運営をしているため、一般企業との信頼が厚く、製薬会社に転職する際に有利です。

知名度の高い大手企業の求人も多く取り扱っているので福利厚生の良いところで働きたい方や今より高い収入を得たい人におすすめです。

さらに、企業への転職に関するノウハウを多く持ったエージェントによるサポートを受けることができます。

転職希望者の希望条件を丁寧にヒアリングした上で、企業に適切な提案をしてくれます。

薬剤師として、製薬会社で働きたいと思っている人はリクナビ薬剤師を利用して転職先を見つけましょう。

運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
求人数 16,000件以上
対応地域 全国
サポート内容 薬剤師専任のエージェントによるサポート
求職者の代わりに情報収集

薬剤師転職サイトおすすめの選び方

薬剤師として転職を考えている人に、おすすめの転職サイトの選び方を紹介します。

以下の3つのポイントを押さえているサイトを利用することで、転職活動を有利に進めることが可能です。

  • 求人数が豊富なサイト
  • 希望に合った求人を掲載しているサイト
  • 転職のサポート体制が整っているサイト
おすすめできる薬剤師転職サイトは、求人数が多いサイト、希望条件に合った求人サイト、転職後のサポート体制が整っているサイトです。

これから薬剤師転職サイトのおすすめの選び方を詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

求人数が豊富なサイト

薬剤師として転職を考えている場合、まず求人数が豊富なサイトを利用することがおすすめです。

求人数が多いサイトは、どのような求人があるかを知ることができ、お給料の相場や福利厚生を比較することもできます。

働きたい地域や職場などの希望条件に当てはめたときに、求人数が少なくなってしまう場合もあるので複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

自分の希望条件に合った職場を見つけやすい、求人数が豊富なサイトを利用して転職活動を進めましょう。

希望に合った求人を掲載しているサイト

薬剤師として転職をしたい人は希望条件に合った求人を掲載しているサイトを利用することがおすすめです。

転職の目的や、雇用形態、転職先で利用する転職サイトは異なります。

例えば家から近いところで働きたいのであれば、地元の求人情報に特化したサイトを使うと効率的です。

それぞれの薬剤師転職サイトの特徴を理解して利用することで、効率的に進めることができます。

転職のサポート体制が整っているサイト

転職のサポート体制が整っているサイトで薬剤師求人を探すのもおすすめです。

自分ひとりで転職をしようと思うとかなりの時間と労力がかかってしまいます。

薬剤師転職サイトは、書類添削や面接対策、条件交渉などのサポートをしてくれることが多いです。

転職はなかなか人に相談できないことも多く、ひとりで抱え込むことが多いため、転職サイト内で相談できる環境を整えておくと安心です。

転職できるまでよりそってくれる人がいれば、希望の求人への応募から採用までをスムーズに行うことができます。

初めて転職活動を行う際は、サポートがあること転職サイトを利用しましょう。

薬剤師が転職サイトを利用するメリット

薬剤師が転職サイトを利用するメリットは以下の3つになります。

  • 時間と労力を削減できる
  • 非公開求人を閲覧できる
  • 交渉によっては良い条件で働ける

薬剤師転職サイトを利用することで、時間と労力を削減することができます。

またサイトに登録しないと見つけることができない、非公開求人を見ることも可能です。

充実したサポート体制が整っている転職サイトも多いため、良い条件で働くことができる職場をみるけることもできます。

これから薬剤師が転職サイトを利用するメリットを解説していきます。

時間と労力を大幅に削減できる

薬剤師が転職サイトを使う場合、転職を探すまでの時間と労力を大幅削減できることがメリットです。

転職サイトでは検索機能を使えば自分の希望に合った求人がすぐに選択されるので、効率的に次の職場候補を探せます。

働きながら次の職場を探す場合は忙しいイメージがあるかもしれませんが、実際には転職サイトでサクッと求人を探せるため時間や労力はあまりかかりません。

また、多くの転職サイトがにはエージェントによるサポートを受けることができるサービスがあります。

的確な助言をしてもらえたり、履歴書の添削をしてもらえるので時間と労力を削減することが可能です。

転職サイトなら隙間時間にスマホを使って求人を探したり、気になる求人にはブックマークを付けられる機能がある転職サイトがほとんどです。

転職サイトに備わっている、便利な機能を使えば、新しい職場は時間や労力を使わず見つかけることができます。

一般には出ない独占・非公開求人を閲覧できる

薬剤師転職サイトを利用すれば、独占・非公開求人を閲覧することができます。

一般には出ない求人情報を手に入れることができるので、より多くの情報を得ることが可能です。

非公開求人には条件が良いものが多いため、特定の転職サイトを利用していなければ出会うことのできない優良求人に応募できます。

独占・非公開求人は積極的にチェックし、仕事内容やお給料をしっかり見ておきましょう。

転職サイトに登録すれば1人で転職活動をするよりも、貴重な情報を多く集めることが可能になります。

自分の希望と合うものがあればブックマークをしておき、その中で最も良いものを選んで応募しましょう。

交渉次第で条件が良くなることもある

薬剤師の転職サイトにはエージェントがいる場合もあり、交渉次第では条件が良くなります。

自分で直接企業に問い合わせて交渉を行うこともできますが、転職エージェントに相談することで、スムーズに進めることが可能です。

収入や働く時間を交渉することができるので、自分の希望に合った職場を見つけつことができます。

求人にはフルタイムの情報しか書いていなくても、時短で働きたいという希望者がいれば柔軟に対応してくれるところもあるからです。

譲れない条件がある方や自分で交渉するのが苦手な方はエージェントに代わりに交渉してもらいましょう。

薬剤師が転職サイトを利用するデメリット

薬剤師が転職サイトを利用するメリットについて紹介しましたが、逆にデメリットもあります。

薬剤師が転職サイトを利用するデメリットについて以下にまとめました。

  • 転職活動を自分のペースで進めにくい
  • 担当者から頻繁に連絡が入る可能性がある
  • 相性が合わないエージェントが担当になることもある

転職サイトを使うことで、自分のペースで転職活動を勧められない場合があります。

担当のエージェントから頻繁に連絡が入ったり、相性が合わないということも多いです。

転職サイトを利用することのデメリットを知ることで、失敗しない転職活動をすることができます。

これから薬剤師が転職サイトを利用するデメリットについて解説していきます。

転職活動を自分のペースで進めにくい

転職サイトを利用することで、自分のペースで進めることができないことがデメリットです。

多くの転職サイトでは、エージェントが様々なサポートをしてくます。

そのため書類や面接日程などの催促をされる場合もあります。

自分のペースで仕事探しをしたいという希望が強いのであれば、催促しないでほしい旨を伝えるといいです。

担当者から頻繁に連絡が入る可能性がある

転職サイトの求人に応募した後は、企業の採用担当者から頻繁に連絡が入ることがあります。

仕事をしながら次の転職先を探そうと考えている方には、頻繁に連絡を返すことは難しいです。

仕事で忙しいとはいえ連絡を返すくらいのことはできたとしても、検討しなくてはならないことが絡んでくるとすぐには結論が出せないこともあります。

転職は人生の分岐点において重要なことのため、簡単に決められないこともあるでしょう。

催促の電話が入ったりすると、ゆっくり判断することもしにくくなります。

担当者への心象を良くするためには素早い返信が求められるため、悩める時間が少ないのはデメリットです。

相性が合わないエージェントが担当になることもある

薬剤師転職サイトにはエージェントがいることもありますが、相性が合わないとすぐに転職できなかったり、言いたいことが伝わらなかったりすることがあります。

優秀なエージェントはコミュニケーションが上手く、転職希望者の要望を的確に聞き取り、希望の求人に出会うことができます。

求人紹介が遅いと待たされることにイライラしてしまうので、誰もがスピーディーに動いてくれるエージェントを期待しています。

相性が合わないエージェントに当たってしまったら、言いにくくても担当者変更を依頼しましょう。

薬剤師の転職市場は厳しい?転職事情を詳しく解説

実は、薬剤師の転職市場は厳しいです。

薬剤師の転職市場が厳しい理由としては以下の通りです。

  • 医療機関の受診を控える方たちが増えた
  • 長期処方化が増えて薬局の売上が減少
  • 新しい求人が出にくくなった

社会状況の影響により、医療機関の受診を控える方たちが増えたのが原因として考えられます。

長期処方化も増え、薬局の売上も減少傾向にあるため、薬剤師の求人数も減少しています。

派遣薬剤師の求人が激減しており、派遣社員が正社員になったり、転職を控える方も多いです。

正社員が増えたり転職を控える方が増加すれば、人員が充実するため、求人はより出にくくなります。

薬剤師として転職を希望する場合、転職事情をしっかりと把握して転職活動を進めましょう。

年代別の薬剤師の転職状況と平均年収、ベストな転職時期を紹介します。

年代別|薬剤師の転職状況

薬剤師の転職難易度を年代別で見てみると、20代で転職難易度が高いという見方が約16%、30代では約6%、40代で約25%、50代で約75%、そして60代で約82%でした。

20代での転職は、早すぎると飽きやすい性格だと思われたり、まだ知識や経験が未熟と思われることから30代よりも転職状況が悪いという見方になっています。

30代は働き盛りで、知識と経験を積んだ上でのキャリアアップのための転職という場合もあるため他の年代に比べて転職がしやすいです。

40代から60代は転職するのが難しくなると考えている人が多くなります。

そのため、薬剤師として転職を考えている人は早めに転職活動を始めることが必要です。

薬剤師の転職状況をしっかりと理解して、転職する時期を決めるのもおすすめです。

薬剤師の年代別転職難易度
tenshokoujokyo
引用元:2021年の薬剤師転職市場はどうなる?新型コロナウイルスが中途採用に与えた影響は?

薬剤師の平均年収は約587万円

厚生労働省のデータによると、20代から50代の薬剤師の平均年収は約587万円です。(「賃金構造基本調査」では「きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」で平均年収を算出)

男女別・年齢別の薬剤師の平均年収は以下のようになっています。

年齢 男性 女性
20代 約460万円 約409万円
30代 約622万円 約535万円
40代 約713万円 約588万円
50代 約747万円 約625万円
全年齢平均 約635万円 約464万円

参考:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」のデータをもとに作成

男性薬剤師と女性薬剤師で比較すると、年収は男性薬剤師の方が高いことがわかりました。

女性薬剤師のほうが、産休や育児休暇、時短勤務などの働き方の変化が大きいからだと考えられます。

男性薬剤師・女性薬剤師と共に、20代から30代にかけて年収がアップしている傾向にあるため、キャリアアップのために転職サイトを利用することもおすすめです。

薬剤師におすすめの転職時期は1~3月

薬剤師の転職を少しでも有利にするためには、転職時期を1〜3月にすることをおすすめします。

この時期は、調剤薬局とドラッグストアの求人が増えるからです。

1〜3月の間に採用した社員は4月に入社した新入社員と一緒に研修を行うことができるので、採用側としては研修費用を抑えられるメリットがあります。

中途採用を他の時期に行えば、採用した人だけのために研修を行わなければならないためコスパが悪くなります。

よって、求人を出すのは4月より前の時期が多くなり、転職するタイミングとしてはベストと言えます。

薬剤師転職の失敗例

実際にあった薬剤師転職の失敗例を知っておくことで、これから転職活動を始めようと考えている人は失敗を防ぐことができます。

薬剤師転職の失敗例として以下2つが挙げられます。

  • 事前に聞いていた内容と違うことがあった
  • 人間関係が良くなかった

短期間に何度も転職をするとキャリアに傷がつき、次の転職の際に採用されにくくなってしまいます。

転職先で長く働くためにも失敗例に注意しながら転職の準備を整えましょう。

事前に聞いていた内容と違うことがあった

薬剤師転職の失敗例のひとつに、事前に聞いていた内容と違うことがあったという例があります。

その原因として企業や転職サイトのエージェント、転職希望者との間のミスコミュニケーションと企業側が自分たちにとって都合の良いことのみを伝えた場合が挙げられます。

ミスコミュニケーションであった場合は自分にも非がある可能性があるため、しっかり気を付けて情報をチェックしておくべきです。

しかし、企業側が都合の悪い情報をあえて伝えていなかった場合は完全に相手の非になるので、抗議する権利があります。

個人の力では大きな行動は起こせませんが、必要があれば弁護士を雇うことにもなりかねません。

企業側が伝えた内容に本当に嘘偽りはないかを確かめた上、自分から「こうだったら嫌だな」と思うことがないか質問していくとトラブルを回避できます。

人間関係が良くなかった

仕事内容は良いのに、人間関係が悪い職場に転職してしまって失敗したという例もあります。

求人情報からはそこの人間関係まではわからないため、実際に就職してみないと知ることができません。

ドラッグストアなど、自分が実際に行ってある程度職場の状況を確かめられるなら良いのですが、一般企業などは転職してからでないとわからないことが多いです。

人間関係は、採用担当者に聞いてもわからないことが多く、とにかく雇いたいからと良いことだけを伝えることもあります。

企業には、仕事内容よりも人間関係を重視していることを伝え、可能であれば見学させて欲しいなどの旨を伝えることで失敗を防ぐことが可能です。

薬剤師が転職で失敗しないための3つの対策

薬剤師が転職で失敗しないためにはすべき対策は以下の3つです。

  • 1人で転職活動を行わないこと
  • 希望条件を明確にすること
  • 自分の希望に合った転職サイトを活用すること

転職を成功させる鍵となるので、しっかり3つポイントを抑えながら転職活動を行いましょう。

それぞれのポイントを詳しく解説します。

1人で転職活動を行わない

1人で転職活動を行うと失敗しやすいです。

転職活動はひとりで行うものだと思っている方も多いと思いますが、第三者の目がないと失敗しやすくなります

転職を考えている人は、転職サイトでお世話になれるエージェントに相談をしましょう。

誰もが転職で成功できるようにトレーニングをしているエージェントなら、紹介してくれる求人の信頼性は高いです。

また、企業に質問がある場合もそのエージェントを通して疑問点を聞くことができます。

転職をしてから後悔しても遅いので、エージェントのサポートをうけて転職活動を進めましょう。

希望条件を明確にする

求人を探す前にしなければならないのは、自分の転職における希望条件を明確にすることです。

希望条件やその優先順位をきちんと確認しないまま応募してしまうと、後からもっと良い求人が出てきて後悔することがあるからです。

希望条件がしっかり決まっていれば、転職サイト内で自分に合った求人を先に絞り込めます。

例えば完全週休二日制が良いなら、キーワード検索などでそのように記入すれば求人数は減るでしょう。

また、エージェントなどに転職したいことを伝える場合、希望条件が整理されていないと上手く伝えることができません。

これではエージェントも行動できないので、他人に伝えられるくらいには明確に希望条件を言えるようにしておくことが大事です。

自分の希望に合わせた転職サイトを利用する

転職で失敗しないためには、自分の希望に合った求人を紹介してくれる転職サイトを利用することです。

他の求人サイトには良い求人があったのに、それに気づかず別の転職サイトにある求人のみを利用すると損をすることになります。

優良な求人をたくさん紹介してくれ、レビューも良く大手である転職サイトもありますが、求人数よりも自分の希望に合った求人があるかが重要です。

どんな条件で働きたいのか、希望する雇用形態がはっきりしているならその条件の求人を集めた転職サイトを利用しましょう。

ミスマッチがないよう気を付け、自分に合った転職サイトから求人を探すようにしましょう。

薬剤師転職サイト利用の流れ

薬剤師の転職サイトはたくさんありますが、利用する流れはどれもほとんど同じです。

転職サイトを利用する6つのステップは以下の通りです。

  1. 公式サイトでWEBから登録
  2. エージェントとの面談
  3. 求人紹介と応募
  4. 履歴書添削や面接の対策
  5. 面接と職場訪問
  6. 内定

公式サイトに登録すれば、たくさんの求人に応募することが可能です。

そこからエージェントとの面談、求人への応募、面接を経て採用というステップで進みます。

以下でそれぞれの流れをより詳しく説明します。

公式サイトでWEBから登録

転職サイトを利用するには登録が必要です。

登録すれば、求人を閲覧するだけでなく応募することが可能になるからです。

登録方法は簡単で、登録ボタンなどを押し、フォームに沿って個人情報を記入していくだけです。

エージェントと話す際には個人情報をある程度開示しなければ話が進まないため、必須とされる情報はすべて正確に記入しましょう。

スマホで隙間時間に閲覧したい場合には、スマホ版アプリの利用もおすすめです。

通知が来るよう設定することで、情報をいち早く受け取ることができます。

エージェントとの面談

転職サイトへの登録が済んだら、次にエージェントとの面談を行います。

ひとりで転職活動を行うと失敗する可能性があるため、ここでしっかり面談しておくことが転職成功への近道です。

企業の面接は緊張してしまいますが、面談は自分の希望を伝える場ですから、素直に自分の思っていることを伝えましょう。

エージェントの意見も取り入れながら希望条件を作り上げていく方法もあります。

この段階ですべてをはっきりと決めておく必要はありませんので、迷っていることがあればその旨も伝えることが必要です。

求人紹介と応募

エージェントに要望を伝えたら、具体的な求人紹介をしてもらいます。

複数の求人を見て、まずは求人ごとに良い点や悪い点の説明を受けましょう。

自分では良さそうと思う求人でも、エージェントの目からすると注意する部分があると言われることもあります。

エージェントのアドバイスを元に、良いと思える求人があれば企業に応募しましょう。

複数の求人でどれにしようか迷った場合も、エージェントと相談しながら決めると納得いく選択が可能です。

応募はサイト内でクリックするだけで簡単にできます。

自分の希望に合った求人をしっかり見極めて応募しましょうd。

履歴書添削や面接の対策

応募する求人が決まったら、履歴書を送ります。

履歴書添削も転職サイト内のサービスでしてもらえることがあるので、積極的に利用しましょう。

自分ひとりで作った履歴書と、第三者によって添削された履歴書では出来栄えが異なります。

誰かに見てもらったものは、自分では相手に伝わると思っていた部分が曖昧であった場合などに、その箇所を指摘してもらえるので改善が可能です。

転職となると新卒の時と違い、今までの職歴が追加されるので初めて転職する方は書き方から整理していきます。

履歴書ができたら、次は面接の対策を行います。

転職の場合、職歴について聞かれる場面が多いため、今までの仕事内容や自分の役割を説明できるように準備しましょう。

面接と職場訪問

書類選考が通ったら、面接と職場訪問を行います。

面接の日程調節は専属のエージェントが代わりに行ってくれますが、面接の同行はできません。

面接でのエージェントのサポートがあるかどうかは転職サイトによって異なるため事前に確認する必要があります。

今までにもらったアドバイスを思い出し、本番で実力を発揮できるようにしましょう。

また、面接会場が職場となっている場合には、職場を見学する貴重なチャンスにもなります。

建物の新しさや雰囲気、駐車場の広さ、掃除が行き届いているかなど、細かい点をチェックしてみてください。

内定

面接が上手く行き、相性が良ければ内定がもらえます。

内定通知書や採用条件提示書の内容をしっかり確認しておきましょう。

応募時と内容がズレていないか、希望条件が明記されているかを確かめた上で、内定承諾書の提出をします。

この時、内容にズレが生じていた場合はエージェントに相談して、相違をなくしておけば納得して転職活動を終えることが可能です。

内定後は入社や退職の手続きも行います。

退職のサポートもしてくれる転職サイトもあるので、利用すると良いでしょう。

薬剤師の転職に関するQ&A

最後に、薬剤師の転職に関するQ&Aを載せておきます。

転職希望者がよく疑問に思う質問をまとめました。

  • いくつのサイトに登録すれば良い?
  • 地方在住でも転職サイトを利用できる?
  • 良い担当エージェントを見極めるには?
  • 履歴書添削や面接の対策
  • 何社くらい応募すれば良い?
  • 薬剤師が選ばないほうがいい転職サイトはある?

転職を始める前に不安に思う点があれば参考にしてください。

いくつのサイトに登録すれば良い?

転職サイトへの登録は1〜3つほど登録するのが最適です。

希望する雇用形態が派遣社員など、どちらかというとマイナーな求人を探している場合には、そのような求人に特化している転職サイト1つに登録する必要があります。

他の転職サイトを見ても、自分が希望しない求人が多いからです。

逆に、多くの方が希望する正社員として働きたはなら求人はたくさんの転職サイトにあります。

2〜3つのサイトを満遍なく見てから、それぞれのサイトで求人を絞っていきましょう。

情報がすっきりと整理され、求人の混同もなくなるため、2つのサイトに絞ってから求人を探すという順番がおすすめです。

地方在住でも転職サイトを利用できる?

地方在住でも転職サイトを利用することは可能です。

むしろ地方在住だからこそ転職サイトは利用すべきでしょう。

ネットは世界中どこでも使える大変便利なツールです。

昔は情報を得ることが困難でしたが、今はネットがあるおかげで地方にいながら色々な場所の情報を入手することができるようになりました。

もし、上京したいなどの希望がある場合は、地方に住みながら東京の求人情報を見ることもできます。

全国各地の求人があるので、希望する勤務地を絞り込んで理想の職場を探してみてください。

良い担当エージェントを見極めるには?

良い担当エージェントを見極めるには以下の2点をチェックすると良いでしょう。

  • 聞き上手か
  • ハキハキ話すか

転職するに当たり、希望を出すのは自分です。
それを的確に聞き、情報処理ができるなら良いエージェントと言えます。

エージェントと面談している間、コミュニケーションが苦手なのだろうかと思ったり、詰まることが多かったりする場合は変更を依頼することも可能です。

ハキハキと喋っている人はそれだけエージェントとして自信があり、慣れている証拠でもあるので話し方にも注目しておきましょう。

何社くらい応募すれば良い?

転職の場合、応募するのは15〜20社が平均と言われています。

働きたい地域や雇用形態によって、応募する企業の数は異なります。

1社だけに応募して内定が出なかった場合、初めからやり直しになってしまうため、いくつもの会社に応募するのがおすすめです。

もし内定が決まった場合は、応募していた他の会社にはお断りをする必要があるので注意しましょう。

薬剤師が選ばないほうがいい転職サイトはある?

薬剤師が選ばないほうがいい転職サイトの特徴は以下の3つです。

  • 目的に合っていない
  • 転職を急かされる
  • エージェントの対応が悪い
目的のあっていない転職サイトの利用は控えましょう。

大手転職サイトにも薬剤師の求人を掲載している場合がありますが、探すのに時間がかかります。

そのため薬剤師に特化した転職サイトの利用がおすすめです。

転職活動を始めると、エージェントが転職を急かしてくる場合があります。

強引に感じるようなことがあったら、他のサイトを利用したり、担当者の変更を依頼するなどの対応が必要です。

またエージェントの対応が悪い転職サイトも避けましょう。

連絡が遅い、良い求人を紹介してくれないなどエージェントの質は人によって大きく異なります。

そのため事前に薬剤師転職サイトの口コミや評判を調べておくことがおすすめです。

薬剤師のおすすめ転職サイトまとめ

薬剤師におすすめの転職サイトを紹介し、失敗しない転職にするためのコツをお伝えしました。

目的や雇用形態、転職先によって利用するべきサイトは異なります。

自分の希望条件をしっかりと理解して、転職サイトを利用することが大切です。

ぜひこの記事で紹介した転職サイトを利用し、より良い転職先を見つける参考にしてください。