しくじらないための就活

自己PRは最初の文だけで即刻落ちてしまうことがあるよ

高田 晃一2019年02月26日08時00分

この文章がアップロードされるのは、2019年2月26日です。

ということは、3日後の3月1日に大手ナビサイトがオープンされ、同時に多くの企業はエントリーシートの出題文を発表します。

2020年卒向けの就職活動は早期化の様相を見せています。

なぜなら、エントリーシートの受付の締め切り日が3月8日をしている企業が結構多いのです。

8日(金曜日)に締め切って、土日を丸々使って審査し、月曜日の朝に1次面接の案内をする、という急ピッチな流れを執る企業も結構多いためです。

よって、就活生である皆様はもう、自己PRと学生時代に力を入れたことの文章は、200字でも800字でも、どんな文字数が振られてもすぐに書けるようにしないと、かなりまずいです。

それで私は、その土日(3月9~10日)は某有名大手企業で本選考のエントリーシートの審査をしてきます。

先日、この審査に関しての打ち合わせをしてきました。

このときに話しに出てきたのは「自己PRで最初の文を見ただけで落とす場合があるよね」ということです。

私は100社くらいのエントリーシート選考の審査官をしてきましたが、全ての会社において共通して、最初の文を見ただけで即刻落ちる自己PRがある、ということです。

これは意外に多くの就活生が書いてしまっているものですので、気をつけた方が絶対に良いです。

その即刻落ちる最初の文は、主なものでは下のとおりです。

・自分から進んで挑戦できることです
・経験を応用して活かすことです
・私は自分で定めた目標に対して努力をし、必ず達成させる力があります
・私はどんな困難にも全力で立ち向かいます
・私は、課題発見解決能力があります
・私は実行力があります

以上のとおり挙げましたが、これらと同義のものも即刻落ちると考えてOKです。

なぜ、即刻落ちるのか?社会人として当たり前すぎるためです。

上に書かれていることができないと、仕事として絶対に成立しないためです。

あまりにも当たり前すぎるため、「当たり前なことをアピールされても困るね」ということで即刻落ちます。

ここのところは絶対に気をつけましょう。

それでは、何をアピールすれば良いのか?

簡単です。

その会社が求めている人物像を正確に掴み、その人物像に適っているのが私なのですよ、とご自身のエピソードを交えて述べれば、エントリーシートの選考は簡単に通過します。

しかし、その会社が本当に求めている人物像を正確に掴む作業が、少し面倒です。

これは会社のホームページやパンフレット、ナビサイトには掲載されていません。

よって、就活生であるあなたが会社説明会などで担当者に直接「どんな後輩と働きたいのですか」といった感じの質問を振ってみましょう。

そうすれば、簡単にわかりますね。