しくじらないための就活

ホワイト企業が集まる業界はどこなのか?

高田 晃一2020年04月28日07時30分

学部4年生からSkypeで質問を受けました。

「業界全体でホワイトな業界って、どこなんですかね?」

この質問の回答を今回の記事にします。

ホワイト企業を調べる上で重要な指標は、有給消化率です。

法律で定められた有給休暇をきちんと消化できているかどうか、ということです。

消化できていれば、労働環境がしっかりしています。

相対的に休める日が多いし、それに伴い、残業も少ないのです。

さて、具体的にどの業界が最も有休消化率が高いのでしょうか?

最初に挙げる参考資料は、東洋経済新報社が発表した有給消化率ランキングです。

下のURLのサイトを参照してください。
https://toyokeizai.net/articles/-/333584

上場している有名企業しかランクインしていませんが、具体的な会社名を知りたい方は参考にしましょう。

上のランキングは参考資料として非常に良いのです。

しかし、ひとつの業界を挙げたとしても、A社は消化率100%で、B社は30%ということもあります。

ハズレを引きたくないあなたは業界全体の平均値が高い業界を選びたい。

それはどこなのか?

Openworkが発表した有給消化率レポートです。

下のURLをご参照ください。
https://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_55

このサイトを見ますと、有給消化率の業界平均値が一発でわかります。

サイトより、上位5つを挙げます。

消費者金融、事業者金融:76.7%
バイオ関連:72.7%
通信、ISP、データセンター:72.5%
自動車、自動車部品、輸送機器:65.8%
コールセンター、業務請負:65.2%

1位は「消費者金融、事業者金融」です。

ここです。

これに決まり!

「消費者金融、事業者金融」の会社は総じて、コンプライアンス(法令遵守)に非常に厳しい業界で有名です。

コンプライアンスに厳しいため、残業をしすぎたり、休みをしっかり取らないと法に反することになるので、結果として有給消化率が最も高い業界になったのです。

総じて残業時間が少なく、土日もしっかり休めて且つ、有給休暇もしっかり取りたい、と考えている就活生の方は、消費者金融とか事業者金融の会社をオススメしますよ!