しくじらないための就活

iPhone14を構成する日本の大手企業

高田 晃一2022年10月11日08時00分

10月7日の日本経済新聞16面より。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC204XK0Q2A920C2000000/

最近発売されたiPhone14ProMaxを分解して、使用されている部品のメーカーを調査した結果です。

アメリカの比率が増え、日本の比率が減ったため、記事の論調は、アメリカの自国への回帰と日本の凋落が現在進行形で進んでいる!という雰囲気ですが、微妙に違う。

中国とのアレでアメリカへの回帰は止むを得ないのですが、iPhoneは世界中で大量に流通しないといけない商品ですので、代替が利く安価で大量生産しやすい2~4世代くらい前の電子部品を使っています。

しかし、iPhoneのスペックで利用者が最も気にする機能である撮像センサーはソニーの部品であり、記憶装置は東芝が源流のキオクシアです。

通信に関しては村田製作所とかが使われています。

国土が狭く、人口も少ない日本なのですから、全ての機能をカバーするのではなく、商品で最も重要な箇所だけをピンポイントで抑えればOKなのです。

「ウチの部品がないと御社の商品は絶対に生産できないよね」と言わせる状況を作ることができれば、それでOKなのです。

これがアフターコロナにおける日本の勝ち方ですよ。

同業他社では容易にマネできないクオリティと、不良品率がほぼゼロに近い大量生産の仕組みを世界初で作り上げることができれば、市場を独占できます。

その最たる部品が、カメラのソニーですね。

非常に素晴らしい。

iPhoneを含めてアップルに部品を納入している会社のリストは、下のURLより、PDFで公開されています。
https://www.apple.com/jp/supplier-responsibility/pdf/Apple-Supplier-List.pdf

日本企業では、村田製作所とかアルプスアルパインとか30社くらいが掲載されています。

どの企業も超優良大手ホワイト企業であり、コロナ禍でも総じて増収増益を実現していますね。

非常に素晴らしい。

コロナ禍でも絶好調の大手企業に入社したい就活生は是非、アップルと取引している電子部品メーカーを調べてみると絶対に良いよ!



 
 
合格率100%のエントリーシートの書き方についてのセミナー
https://www.gosetsu.com/seminar/es100

ブラック企業を避けてホワイト企業の見つけ方を教えるセミナー
https://www.gosetsu.com/seminar/yuryo

芸能界仕込みの即効性の高い面接講座
https://www.gosetsu.com/seminar/webmensetsu

就活ノウハウブログ
http://urx.space/Nzuv

高田晃一のホームページ
http://takada188.com/