しくじらないための就活

就活生は絶対に大手企業に入社しよう!

高田 晃一2019年10月01日09時00分

9月27日付けの日本経済新聞の1面より。

ジャパンディスプレイ(以下JDI)に対して中国ファンドからの支援が見送られた、という記事です。

この記事を見まして私は、「新卒で就職するのなら、絶対に大手企業だな」と確信しました。

なぜか?

その最たる理由は、シェアを獲っている大手企業は、倒産の危機にさらされていても、国が助けてくれるためです。

過去を見ましても、JALや東芝は、国から直接に助けてくれました。

別の方法でシャープや日産自動車なども助かっています。

会社自体はなくなりましたが、山一証券や長銀なども違った方法で助かっています。

今年の5月にトヨタ自動車の豊田社長が「終身雇用は難しい」という発言がありました。

これにより「会社員は終わった」と起業家界隈や個人事業主界隈で騒がれています。

しかし、本当に終身雇用が難しくなったら、労働組合が黙っていません。

ストを起こすといった強行的な行動に出るはずです。

これが労働組合を持っていない非大手企業ですと、倒産の危機にさらされたら、本当に倒産してしまい、影も形もノウハウもなくなってしまいます。

これでは非常に悲しい。

是非、どうにかして大手企業に入社しましょう。

大手企業にどうしても入社して欲しい理由は、もうひとつあります。

転職のしやすさです。

万が一、転職することになってしまいました。

このとき、大手企業から大手企業への転職は(転職を決めた時点のあなたの社会人としての能力にも因りますが)結構簡単です。

しかし、非大手企業から大手企業への転職は不可能、といっても良いくらい難しいのです。

よって、転職によって、年収を大幅に下げる人が多く居られる現実があります。

転職会社の広告で「転職で年収を200万円上げた」というコピーがあります。

これは「大手企業に在籍していた」ことと「転職先の求めているスキルに合致した」という大前提があって成立することであり、これは実はレアケースなのです。

皆、転職会社の広告に騙されてしまうのです。

これでは非常に悲しい。

是非、どうにかして大手企業に入社しましょう。

大手企業と申しましたが、有名大手企業に入社できれば、それに越したことはないのですが、そういった企業は大体、競争倍率が1000倍を超える超難関です。

私がオススメしたいのは、無名の大手企業です。

日常生活では欠かせない製品を作っているのだけど、世間的な知名度の無い企業です。

こういった企業を狙って、就職活動を進めていきましょう。

実は私が新卒で入社した会社も無名の大手企業でした。

街中にある交通信号機で国内シェア1位の会社に在籍していました。

2020年卒の入社のための競争倍率は発表されていないため不明ですが、私が就職活動をしていたときの競争倍率はたったの4倍でした。

1000人の中の1人になるより、4人に1人になる方が圧倒的にも精神的にもラクです。

そういった無名の大手企業を目指して、就職活動を進めていくことを私は全力でオススメします!




参考:弊社が開催している「競争倍率の低い優良企業の出会い方講座」です。こちらの参加もオススメします!
https://www.gosetsu.com/seminar/yuryo