合説どっとこむ 2021

2022年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

合説どっとこむの就活対策シリーズ

トップページ > 就活のプロに聞いてみよう! > 自己分析って何をすればいいんですか?

就活のプロに聞いてみよう!

みなさまから多く寄せられる質問にプロの就活コンサルタント、就活アドバイザーがお答えします!

自己分析って何をすればいいんですか?

2018年01月29日10時00分

この質問はよくいただきます。
簡単にポイントをまとめたのでご参考にしていただければと思います。

自己分析とは
まず、自己分析とは自分のこれまでの経験や体験などを掘り下げ、理解を深めるために行います。自分がどんな人間か、今まで何をしてきたのかと問われる就活においては一番重要と言っても過言ではありません。

自己分析の始め方
まずは自分の良いところや得意なこと、特徴などプラス面の発見に取り組みましょう。
プラス面が明確になればどの経験を話すか等考えやすくなるからです。
プラス面で何を話すか考えた後は自分の悪いところや苦手なことなどマイナス面の発見に取り組みましょう。マイナス面の話はネガティブに捉えられがちですが、話を作る際に、そのマイナス面をどうやって克服したか、しているかというプラスに持っていく方向で作りましょう。課題や問題の解決経験というのは就活の面接や自己PRにおいてはプラスに働くことが多いです。

自己分析が出来たら
周りの方に自分がどんな人間か聞いてみるのもいい経験でしょう。
自分が思っている自分とは違う自分に気付かされる事があります。
家族でも友人でも大学の先生でも、誰でも良いので一度はやってみましょう。

以上簡単ですが自己分析のポイントをお伝えしました。
自分をPRする上で、自分を知ることは一番重要です。
しっかりと時間をかけて進めていきましょう。

Meets Company 就活アドバイザー
中島慈仁


山口県美祢市出身。早稲田大学法学部卒。 高校時代は山口県内でも有数の進学校に入学。学生時代からテニスを始める。 大学… >> 続きを見る

その他の質問を見る

合説どっとこむマガジン
合格率100%!エントリーシート作成講座
面接力養成就活講座
Meets Company就活イベント
就活スーツ入門
面接入門
エントリーシート添削ツール
エントリーシート過去問データベース
合説どっとこむ過去イベント
合説どっとこむアプリ ios版 App Store
合説どっとこむアプリ Android版 Google Play
90分でわかる!企業研究