はじめての採用活動

新型コロナウイルスの影響を受けずに応募する就活生を集めている企業が行っていること

高田 晃一2020年07月06日08時00分

新型コロナウイルスの影響で日本の新卒採用が無茶苦茶な状況にあります。

まず、合同企業説明会が中止になりました。

つづいて、公開型の会社説明会が開催できなくなりました。

この2つによって、応募者を集めるために大きな要素がなくなってしまいました。

大変です。

私は採用活動コンサルタントとして、企業の新卒採用を担当者から話を直接聴いたり、実際に現場を見たりしています。

やはり、どの企業も大変です。

しかし、このような状況においても、優秀な就活生を着実に集めている企業がいくつかあります。

どんな施策を実行して、そのような結果が得られているのか?

その施策はたくさんあるのですが、その中で今回は大きく2つ紹介します。

まず挙げられるのは、就活ナビサイトのコピー(文面)です。

応募者を集めている企業は全て、学生目線で徹底的にわかりやすくて且つエントリーしたくなるような表現をしています。

私はナビサイトなどの求人広告のコピーを作る仕事もしているのですが、特に新卒向けのナビサイトに掲載している企業の9割以上が、企業目線の独善的なコピーです。

特にBtoBの会社や製造業がひどいですね。

学生を集めたい、という意思を全く感じません。

これはいけません。

ここのところを改善するだけでも応募者は格段に集まります。

ふたつめは小規模の会社説明会を、リアルでもオンラインでも頻繁に開催していることです。

大規模の会社説明会は開催できなくなりました。

しかし、自社の会議室を使った小規模の会社説明会やオンライン会社説明会を頻繁に開催しているのです。

小規模の会社説明会やオンラインでの会社説明会の圧倒的な長所は、就活生ひとりあたりの対話時間が長くとれることです。

ここで、採用担当者であるあなたは、「ウチは良い会社だよ」と熱烈に口説いて、自社に応募をさせるという流れです。

これをコツコツと積み上げて、着実に自社への応募者を増やしています。

他にもたくさんあるのですが、この2つを実行するだけでも、あなたの会社に応募する就活生は増えます。

是非、実行してみましょう。

さらに詳しい話は、下のURLのセミナーで話していますので是非、参加していただけるとありがたいです。




私が主催する採用活動のノウハウをお伝えするセミナーです。
下のURLより是非、ご参加くださいませ。
http://ur2.link/w8Xs