合説どっとこむ 2019

2020年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

Meets Company就活イベント

トップページ > 就活のプロに聞いてみよう! > 資格を持っていると新卒採用に有利なの?

就活のプロに聞いてみよう!

みなさまから多く寄せられる質問にプロの就活コンサルタント、就活アドバイザーがお答えします!

資格を持っていると新卒採用に有利なの?

2016年03月21日10時00分

資格を持っているとどうなるのかについてですが、一言で言うと受けられる求人の数が変わります。
なぜなら、特定の資格を持っている人のみを募集対象としている企業様もあるからです。とは言え、必要な資格ほど、すぐに取れるものではありません。
資格獲得のための勉強で業界研究や自己分析を疎かにすることは避けましょう。

「じゃあ、どんな資格だったら有利なの?」という風に思いますよね。
就職する際に活躍する2大資格をご紹介します。

◆TOEIC
英語が苦手な方は簡単に取れないと思いますよね。しかしながら、TOEICは比較的簡単にスコアを伸ばすことができます。参考書を読み、問題集に取り組むだけでも大きく変わります。
700点、800点を超えると選考を受けられる求人は変わってきます。実は英語が不必要に思える企業からも需要がある資格なので、時間のある方は高得点を狙いましょう。

◆簿記
2ヶ月ほどの長期休暇の間に資格のスクールにいくだけで2級を取ることも可能です。
2級以上を持っている人のみを対象とした総務系求人などもあります。加えて簿記知識があると、ビジネスの中で企業の財務状況の理解が進むため、勉強して間違いなく損はない資格です。

ここまで資格の話をしましたが、資格が全てではありません。資格がなくても内定はでます。闇雲に取り組むのであれば、自己分析などをしっかり行いましょう。資格は二の次です。時間を有効活用することこそが一番大事なことです。

Meets Company 就活アドバイザー
中島慈仁


山口県美祢市出身。早稲田大学法学部卒。 高校時代は山口県内でも有数の進学校に入学。学生時代からテニスを始める。 大学… >> 続きを見る

その他の質問を見る