合説どっとこむ 2019

2020年卒業予定の方 既卒の方 採用担当の方

Meets Company就活イベント

トップページ > 就活のプロに聞いてみよう! > 就活の情報の集め方がわかりません。

就活のプロに聞いてみよう!

みなさまから多く寄せられる質問にプロの就活コンサルタント、就活アドバイザーがお答えします!

就活の情報の集め方がわかりません。

2016年05月09日10時00分

就活の情報の集め方に関してですが、オススメは「人に聞く」ことです。
当たり前と思うかも知れませんが、就活になると皆さんこの基本をおろそかにする傾向があるので気をつけてください。

「人に聞く」という情報収集の仕方をオススメする理由は2つあります。

ひとつは面接の練習になるという点です。
「人に聞く」ための方法として思い浮かぶのはOB訪問です。
想像してもらいたいのですが、大学のキャリアセンターに行って、名簿を開き、どこの誰だか知らない社会人に電話をかけ、時間をもらい、実際に会って1時間程度話をする。
これ結構な気力が必要ですよね。知らない人と1時間緊張した雰囲気で話すのはかなり緊張するものです。

しかし、この動作は面接の練習になります。いつもは面接を受けたら人事の方に判断されるだけが面接です。しかし、OB訪問であればフィードバックがもらえます。これが大変参考になります。

2つ目の理由として、あなたは本当に価値ある情報を効率的に得られるからです。
今皆さんが見ているこのコラム、同時に何万人の就活生が見ていると思いますか?40万人以上も就活生がいて、ほぼ100%の人がスマホで情報収集しているわけです。

そんな何万人がみな等しく知っている情報に意味があるのでしょうか。
ある程度の就職活動の常識を頭に入れたら、あとは人とは違う情報を求めるべきです。自分しか知らないからこそ情報は価値があります。OB訪問や、僕たちリクルーターにいろんな質問をして話を聞いてみてください。面接では聞けない企業の話や、理想と現実のギャップなど知ることができるはずです。

ライバルと差をつけるには、自宅のPCで情報収集するよりも、今すぐ生の情報を見つけに行くことです。

Meets Company 就活アドバイザー
中島慈仁


山口県美祢市出身。早稲田大学法学部卒。 高校時代は山口県内でも有数の進学校に入学。学生時代からテニスを始める。 大学… >> 続きを見る

その他の質問を見る